読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今週のお題「2017年にやりたいこと」

海外への旅行。

酒場にて12月

その店はガード下にワイワイとやっていた。

軒下にビニールのカーテンを吊るしてほのかな結界を巡らしていたが、市の脇道に位置して燻煙が道行く人の鼻腔に気を持たせる程充満させた。

老若問わず入れ替わりに呑み楽しく過ごす場所になっていた。

焼き台はひっきりなしに串を焼いて廻して、端でヤカンで熱燗を沸かして、ヤカンに注ぎ出した一升瓶の滴は隣の煮込みの鍋に注がれる狂想曲を奏でる場となっていた。

此処では皆語り合い、呑みあい、笑いあうひとときを過ごし、また次の場所に動く。

 

千葉の豹

http://www.asahi.com/sp/articles/ASJBX3DZRJBXUDCB002.html

 

古来より千葉には不思議な豹が凄まわる。

とき経ても郷土への愛着薄まらず、ずっと語り継がれるかもしれず。

6人の小学生

 

http://www.asahi.com/sp/articles/ASJB37DG5JB3UCVL02X.html

 

6人の小学生冬を越した

ひとりが卒業して一行は5人になった


5人の小学生受験シーズンを迎えた

勉強が忙しくていつの間にか4人になった

 

4人の小学生自由研究に夢中になった

気が付いたら3人になっていた

 

3人の小学生海に行った波に攫われて

ひとり流されて2人になった

 

2人の小学生ケンカした仲直りしようとしたら

ひとりいなくなって1人になった

 

1人の小学生すくすく育ってオトナになった

結婚もしなく過ごしたそして誰もいなくなった

 

 

 

食の業

 

http://www.asahi.com/sp/articles/ASJ6J4GQ0J6JUCLV00H.html

 

ひととき世を賑かせた狂牛病が大分おさまってきたようだ。だけど食に対して飽く無き向上心を持つ以上また起こり得る事であり、さらなる厄災もまた起こり得ると思う。

波よ聴こえて

 

http://mainichi.jp/articles/20160609/k00/00m/040/037000c

 

よせてはかえすと海原のように自由に流れるわけにはいかなかったようだ。

誕生記念日



生まれた日と亡くなった日が同じというのは珍しくなくなったということか。