末端部



規模の大きさを考えると末の末の部分でしかないかもしれないが、これから中核部分にどれだけ辿れるか注目していきたい。